FC2ブログ

プロフィール

いつか漢

Author:いつか漢
よくSEIYUの半額コーナーの出没します。
ひかりTVレビュー、投稿数全国ランキングぶっちぎり1位です。


カレンダー(月別)

07 ≪│2015/08│≫ 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言


人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言


DATE: CATEGORY:ラブライブ!サンシャイン!淡島巡礼記
前作は秋葉原という都会のど真ん中の学校が舞台だったのに対し、
今作は沼津は三の浦という、ど田舎の学校が舞台である。

前作のヒロイン達は都会っ娘故に、なんか作られたキャラというか、
舞台設定自体や、ヒロイン本人達やその家族など、物語全体で悪い意味で生活臭がしなかった。
なんかAKBとかを見ているような、手の届かない空想上の物語・・・
所詮は商業商品といった感じで、どうしても冷めた目で見てしまう。


対する今作サンシャインのヒロイン達は、
純朴な田舎娘達が多く、口には出さないまでも、
それぞれ進路や生活のことで悩んでいるような、
等身大の生活臭みたいなものが感じられた。

故に通学で四苦八苦したり、移動手段が自転車だったり、地域の行事を手伝ったり、いつもすっぴんだったり、何気に金銭感覚がしっかりしている描写があったりと、
作中の娘達はいい意味で芋臭く、とことん人間臭い。

それ故に、
生徒全体が幼馴染同士だったり、生徒数が少ない故助け合いの気持ちが強かったり、
垢抜けない娘が多かったり、真面目に一心不乱に部活に打ち込んだりと、
田舎の子供達特有の長所が凝縮されている。

田舎の女の子達は18歳を過ぎると魔法が解け、急激に大人の女性へと変貌し、それぞれの道を歩んでゆく。

高校生活は彼女達にとって慣れ親しんだ幼馴染達と過ごせる最後の時であるが故、
その3年間で全力で打ち込んだ思い出は一生の宝物になる。
少女でいられる最後の時間・・・田舎娘達が発する一瞬の輝きこそ、
この物語の一番の魅力だろう。


サンシャインにはアイドル物語という側面以外にも、
『過疎化』、『少子化による生徒減少』、『不登校』といった田舎特有の問題が散りばめられている。

それらに真っ向から立ち向かい、
世間から忘れ去られ、風化寸前だったど田舎を少しだけ元気にする。
そんな物語をラブライブで見てみたい。

だからこそ、聖地巡礼のし甲斐があるのだろう。

渡辺耀 曜 エロい 歌下手 田舎娘 ラブライブサンシャイン
ラブライブ 聖地巡礼 三の浦 水綺麗 現実 ラブライバー
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
花丸 = コマさん もんげー 静岡 沼津
↑ピンポンダッシュ推奨!!ワンクリックを是非!!
スポンサーサイト



テーマ : ヲタクのメモ - ジャンル : 日記

| BLOG TOP |

copyright © いつか漢になる日まで all rights reserved.Powered by FC2ブログ