FC2ブログ

プロフィール

いつか漢

Author:いつか漢
よくSEIYUの半額コーナーの出没します。
ひかりTVレビュー、投稿数全国ランキングぶっちぎり1位です。


カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言


人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言


DATE: CATEGORY:未分類
早大が優勝しました。

渡辺監督就任初の優勝で、胴上げの時マジ嬉しそうだったです(泣

注目すべきは4年生の頑張り
特に山岳区間を担当した猪俣、高野両選手。

猪俣は言わずと知れた一般受験から主力選手までに昇りつめた努力の人、
最後の下りであの”怪物柏原”を追い詰めた気迫の走りには胸が熱くなった!

そして、特に注目したいのは、
6区を任された高野寛基選手!
名門佐久長聖から鳴りもの入りで入部したのだが…
その後試合では泣かず飛ばずで、
練習では後輩達の先頭に立ち気を吐くものの、
今回の箱根まで一度も早稲田のタスキに袖を通すことはなかった。。。
正直、埋もれてしまった選手の一人と認識しつつあったのです。

しかし、
箱根という大舞台で有終の美を飾ってくれました。
4年間常にチームの為に気を吐き続けた彼が、輝きをはなったことで、

”努力は報われるもの”ということを見事体現したのです!!
その雄姿は今回の箱根駅伝で一番心に訴えるものがあった。


早稲田の今年のチームはOBの竹澤、そして村澤、鎧坂みたいな、
華のある大エースはいない。

『長らくくすぶって心が折れかけたが、なんとか復活して輝きを放った』
『長い下積みからやっと光をつかんだ』

そんな選手が出走選手10人の大半を占める。



今年の早稲田には現代駅伝では忘れられがちな、
”泥臭さ”があった。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
地味子 宮部みゆき 似てる 地味子かわいいよ地味子
↑ピンポンダッシュ推奨!!ワンクリックを是非!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © いつか漢になる日まで all rights reserved.Powered by FC2ブログ