FC2ブログ

プロフィール

いつか漢

Author:いつか漢
よくSEIYUの半額コーナーの出没します。
ひかりTVレビュー、投稿数全国ランキングぶっちぎり1位です。


カレンダー(月別)

07 ≪│2019/08│≫ 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事


最近のコメント


月別アーカイブ


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


仕事が楽しくなる名言集


presented by 地球の名言


人間が好きになる名言集


presented by 地球の名言


DATE: CATEGORY:工事担任者ブログ
2回目
平成23年春工事担任者DD3種
の反省をしてきたいと思います♪♪

まず技術の第1問の(5)
工事担任者DD3解答

この問題から!!!
ちょっと画像が粗い
(問題用紙も汚い;まっ俺の癖なんで)
のは了承を・・・

ADSLモデムでの電話回線ポート使用に関する知識を問われた問題である。
(…ADSLモデムって、そんなん問題に出すのかよ(汗。 )
で、問われたのは

”電話回線ポートはどこに接続するのが正しいか?”

ということで、選択肢は
【①スプリッタ分岐の”PHONE”側】
【②スプリッタ分岐の”MODEM”側】
【③IP電話本体側】

の3つである。

ここで、まず行うのは消去法!!
このADSLモデムは”電話回線ポート”とは別に
”電話機ポート”も存在しているので、
上部・下部の関係が成立し、
ここでの最下部となる『IP電話本体』”電話機ポート”に接続することとなる。
よって、選択肢③は除外される。
…とここまでは順調。

し・か・し、


.        〉 ‐┬    〉   1   ー-  , ‐ ァ‐ 、 _l_ 」__|_ メ、 - _l_丶 〉 ー┼
         ! ―|‐  /┐   |/ ´ ̄`l | /   } |/ | | } ノ}三| !  |
.         V d、  /  ヽ丿(____ __ノ  V   _ノ/  |_ノ 、ノ ロ人   V d、

         〈`ー―‐ 、  (⌒l      〈`ヽ       く`-┐  _<⌒L◇◇
         >ァ― '┌‐┘ |/⌒l ┌‐┘ └ く`ヽ、| ̄|ヽ‐┘ 〈_   __ノ― 、
          / /    `‐ァ  /| | `ーァ /^l |〉 | |  |/ ̄\  /  / >ー′
       {  ヽ_, -、/  i | レ'l / /、_ノ ト、_ノ ヽ__/`)   l /  / /{__,-、
         \_______〉‐イ__」  ヽ__ノ ヽ∧_/       ∠____ノ ヽ_/ ヽ___ノ




わざわざご丁寧にADSLスプリッタを、
「ぷらーーーん」
って、ぶら下げてくるあたり、
出題者の悪意を感じる・・・

試験を受けた当時、、、俺はこう考えていた。。。

--------------------------
まず、普通に考えて、
ADSLは電話回線を用いてネットを使用するための装置なので、
スプリッタで分けられた場合には
「”MODEM”側が回線の主」となる。
したがって、
”MODEM”側を”電話回線ポート”に接続するのが無難なんじゃないか?

・通常電話機直差しとなる”PHONE”ポートを
 モデムに接続するのはあまりに不自然。
・”ADSL回線ポート”はネット専用のポートじゃね?
・通常のONUでは本体に差すのはあくまで1ポート
・端末にわざわざフタマタに分けてポート接続する意味なんてあるの?
 フツーADSLスプリッタなんざモデムに内蔵されてるもんだろwww

--------------------------------
…と、さまざまな因縁をつけて選択肢①を消去法により裁ることになる。

そう!消去法の罠にまんまと陥れられたワケですっ!!

今になって冷静に考えれば、

●モデムを経由しねきゃ”IP電話”として成立しなくね?
●電話回線ポートと電話機ポート近すぎwww

などなど、見破るすべは見えているワケです。。。

今回の教訓は

”消去法の罠”に堕ちるな!!

に尽きますな。

まっ、文字通りいい勉強になったワケですよ。



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
工事担任者 ブログ 工担者ブログ DD3種 過去問
↑ピンポンダッシュ推奨!!ワンクリックを是非!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © いつか漢になる日まで all rights reserved.Powered by FC2ブログ